HOME>技術・製品
作製技術

ありのままを適切な姿へ

薄片は、岩石試料を約30μmという光がとおる薄さまで均一に平らになるようすり減らして作製されます。研磨片は、それぞれのニーズによって観察に適度な厚さに仕上げることはもちろん、より高精度な平面の作製が必要になります。新たな発見の手掛かりになりうる薄片・研磨片からどれだけの情報が得られるかは、平面をつくり出す技術の正確さと、作製工程で起こりうる試料へのダメージを想定し防ぐ経験知にかかっています。日本薄片株式会社では、現場で培われた技術者の手業と感覚、知識で様々な試料に対応し、機械では決して到達できない良質の薄片・研磨片を提供します。

世界最高レベルの薄片

日本薄片株式会社は、国立研究開発法人産業技術総合研究所で生まれた新たな薄片作製技術を活用し、世界最高レベルの高精度薄片を作製しています。

 

 

国立研究開発法人産業技術総合研究所 特許技術

乾式研磨法による脆弱試料薄片の作製法(特許第5633078号)

乾式研磨法による生体薄片試料の作製方法及び該試料を用いた観察・分析方法

(特許第6304657号)

依頼方法

ご依頼は下記メールアドレスにお問い合わせください。

 

 

3日営業日以内に返信がない場合は、恐れ入りますが再度ご連絡ください。

よくある質問

ご依頼につきまして、よくある問い合わせをまとめました。こちら(リスト一覧をクリック)をご覧になってからお問い合わせください。